DEBUSキャンプ(ゆるゆる自作キャンパー)

自作モノを中心にキャンプ記事を綴っています

キャンプ道具

DSC_1145


キャンプで使える軽量ピザ窯の製作です

キャンプでピザを食べるなら
絶対にピザ窯で食べたいですよね

お味が全然違う

4



でもピザ窯なんて、

大きな施設の所にしかない

1枚だけ食べるのには面倒

それなら、持ち運び可能な
キャンプで使える軽量ピザ窯を作っちゃえ!
ってことです



DSC_0986



耐火セメントで作る?
LPガスボンベで作る?

色々と考えた末に
一番安上がりで軽量なプランを思いつきました


鉄板を曲げて、その中に
園芸用品のパーライトを詰めて
蓄熱材とするのです



DSC_0293


パーライトって、ロケットストーブの製作で
使いますよね

1袋650円ほどと格安で
しかも軽い

うってつけの、蓄熱材です


DSC_0995



内側は、食品を扱うのでステンレス

これは円筒形のステンレスの筒を
半開きにしたものを
鉄板の土台に取り付けた段階の写真です




DSC_1039



外側は、ステンレスにしたいのですが
値段が高いのでトタンを使いました



DSC_1047



この隙間にパーライトを埋めていくのです



DSC_1051




後ろ側です
後部にもパーライトを埋める隙間がありますよ


DSC_1054



DSC_1067



これは後部からガスバーナーを差し込む時の
ホールです


DSC_1068



パーライトは結局
1袋半使いました


DSC_1071


ゆっすて、叩いて固くして
前面は耐火モルタルで固めます



DSC_1075



綺麗な小石で装飾しました

ちなみにこの軽量ピザ窯は
2層式です

下段から薪を燃やしてもOKです




DSC_1082



耐熱塗料は シルバーにしました


DSC_1125



上段、下段ともに扉を取り付けて
熱を逃がしません



DSC_1131


完成です

重さは15Kg

これなら十分、持ち運びできますね




DSC_1137




ガスバーナーを後ろから差し入れ

燃焼させます

ズボラだから、これが一番に楽ですね



DSC_1139



空気をうまく混ぜて
このように炎をあげさせます

これが一番に温度が上がります




DSC_1140



完全燃焼の青色の炎だと

ピザ窯を温めるのに時間がかかります



DSC_1151



ほどよく、適温になりました


DSC_1152



対して外側は
58度と、さすがパーライト


DSC_1154


燃焼をストップしても
蓄熱効果は良いですね


DSC_1155



蚊に刺されたので、あれこれしてたら
少し焦げましたが
良い感じに出来上がりました


さあ、今度はキャンプで
業務スーパーのモッツアレラピザを食べるぞ




いつもの製作ブログはこちらです


軽量ピザ窯の製作


































 

419


ソロキャンがほとんどの俺ですが

いつも大量に使うのが
キッチンペーパーとウエットティシュ

鍋皿の汚れをとったり
アルコールウエットティッシュは除菌も
してくれますね


そんなキッチンペーパー様と
ウエットティシュ様に感謝して
ホルダーを作ってみました



DSC_0983



最初は TDL10周年の
このミッキーのマジカルライトで作ろうと思いましたが
それは、また次回ということで



DSC_1517



今回は銘木っぽいイメージで作ります

でかい瘤があったので輪切りにしました


DSC_1521



角材を丸くして、
彫刻刀で削って銘木仕立てです

これがキッチンペーパを支える棒になります


DSC_0757



製作が長らく止まっていたのですが

円形のウエットティシュの箱を入れる
円筒形の木材をどう製作しようかと?

木工旋盤でくり抜くのも大変だし
薄板を曲げても破損の危険があるしねと


それで、塩ビパイプを少し大きく加工して
そこに薄板を曲げて貼り付けることにしました

それなら破損の心配がないです



DSC_1524



ウクレレの製作で自作した
アイロンで曲げます


DSC_0783



塩ビパイプに貼り付けました


DSC_0829



それぞれ取り付けて
透明のウレタンニスで塗装



418



はい!

工芸品風の
キッチンペーパー&ウエットティッシュホルダーの出来上がり

キャンプしたら映えるだろうな~




詳しい製作ブログはこちら

ウエットティシュ&キッチンペーパー・ホルダー製作












 

DSC_0713



キャンプで帆布のチェアーが
インスタ映えもするし
人気ですよね


お洒落な帆布チェアーで
景色を眺めながら
美味しいドリンク片手にゆっくりするのが
理想です

そこで帆布の折り畳みチェアーを
2脚作りましたよ


2



サイズはこんな感じ(mm)

70cmの幅ってかなり広いから
ゴージャスに見えますよ



DSC_0605



もちろん、折り畳み式ですから
畳むとこんな感じです


DSC_0608




まずは、木材のパーツから製作

設計図なんて入手出来なかったので
机上の計算であらかじめ部位を作り

見本の組み立てから
理想の長さ、ボトルの位置を決めていきました


DSC_0624


可動部で 結合がボルトじゃない固定式のところは
ダボ留めです


DSC_0650


木材の着色は 2脚あったので
明るい色と ダークな色の2種類 塗布しました

DSC_0653



ジェルタイプよりオイル系の方が
塗りやすいですね


DSC_0664



続いて、縫製作業にかかります

11号帆布の白を購入

裁断して ミシン掛けします


DSC_0668



最近、厚手も縫えるミシンを購入しました

帆布でも楽勝です


DSC_0673



角材を通す部分は念入りにミシン掛け




DSC_0682



あとは組み立てて完成です


DSC_0696



3段階の角度調整が出来ますよ


DSC_0718


ダークのと

DSC_0685


ブラウンの帆布の折り畳みチェアー

詳しい製作記はこちら


帆布の折り畳みアウトドアチェアーの製作












 


DSC_0335



最近、SNSでよく
焦げ付かないバーベキュー網の広告が出てきてます

3枚で2,000円ほどするのですが、

要はガラス繊維の細かい網なので
鉄製とは違い
焦げ付かないし、

焦げても削ぎ落しできるし
網目が細かいから、落ちることも無いのです




わざわざ、広告の高いものを買わなくても
ネットには安いものがいくつもあります

ガラス繊維だから、そんなに変わらないでしょう


DSC_0331




Amazonで上記のが350円

3枚 購入しました

36cm X 42CM

ハサミで切れますので
焦げ付かないバーベキュー網を
お家での魚焼き機のサイズに切れば

魚の皮が焦げ付くことがありません


DSC_0333



それで、実戦レビュー


そのままだと、ふにゃふにゃなので
下にバーベキュー網をひきます



DSC_0335



まずは、焦げ付かないバーベキュー網で

目玉焼きを作ります

落ちることがありませんね

炭火の直火で、目玉焼きなんて
感動です




DSC_0338



どんどん、のせちゃいます

油をひかないでのテストです

目玉焼きは、綺麗にはがせましたが

網に残ってしまいました

これは油をひくと残らないでしょう


DSC_0339



でも、トングでこすってあげると

目玉焼きのカスは取れましたよ


DSC_0347



一番やりたかったことは

シシャモを炭火の直火で焼きたい

普通のバーベキュー網でやると
必ず、皮が網に焦げ付いて、ひっつき
ししゃもの卵が網の上に産卵(散乱)しちゃいます


DSC_0349



網にこびりつくことなく

綺麗に炭火で焼けました

秋刀魚も 綺麗にやけることでしょう


DSC_0350


ステーキも綺麗に焼けました



81PAq+8KmAL._SL1200_



ガラス繊維のバーベキュー網  グリルマットは

使えますね


DSC_0352



終わったあとは、洗えば綺麗に元通り

何回も繰り返し使えます



あと、最近のお気に入りの調理グッズ



DSC_0328



ヒルナンデス!で取り上げていた

肉筋切り器 

ミートテンダライザー


これいいです。先ほどのステーキも
スーパーで買ったとは思えない味に変わりましたよ







DSC_0390



愛読している雑誌 LDKで

家庭用包丁のテストで1番に選ばれた

下村工業 ヴェルダン 三徳庖丁

DSC_0390


ほんと、スパァ!と切れます

お薦めです







DSC_0375



赤外線温度計

非接触式なので
ピザ釜の温度なども
これで赤外線を当てれば、すぐにわかります

タンドール釜で温度が分からないので
購入しましたが
ほんと便利です






なんか、アフリエイトのようになりましたが

本当にお勧めなので取り上げましたよ






 

DSC_0125



今、大人気の軍幕のパップテントです

米軍やドイツ軍の放出品の軍幕


1_ee339un_600



こういうものです。
雨の時はポンチョになり、
夜はテントにしたり、毛布にする便利物ですが

これを2枚つないで三角テントの様になるものを
「パップテント」(二人用のテント)
といいます


米軍幕派、ポーランド軍幕派、ドイツ軍幕派
と趣向が分かれますが

俺は、断然、迷彩のドイツ軍幕派です


DSC_0095



2017年の2年前に買ったのですが
それから、軍幕パップテントが人気となり品薄

今見ると、倍の値段がしてましたよ


このまま2枚繋いでテントのしても良いのですが

何故か日本だけの流行で
1面にファスナーと取り付けて
跳ね上げ式にするのが定番です



DSC_0035




それで、早速ファスナーも買って
加工します

詳しい製作記はこちら


軍幕パップテント・ファスナー加工・二股化



DSC_0039



伸びテープもつけてあとはミシンで縫うだけでしたが

お家のミシンが故障中


1

厚手も縫える、シンガーのモニカDXを買おうと思ってたのですが
他に欲しいものがあり
いつしか忘れられ
2年間放置されていました


DSC_0040



そこに現れた救世主がサニーさん

アメブロの読者で同じ市内なのですが
最近、手縫い工房を開業したとのこと

62024481_2323469744608002_8519282556074459136_n




さすが、プロです

想像以上の仕上がりでした

61601347_2665255926870045_118853388736659456_n



陽気なサニーさん

ありがとうございました

料金も安くしてもらいました



DSC_0079




2年ぶりの復活で

軍幕パップテントの次なる加工に移れました

ガイロープを綿ロープで取り付けました


DSC_0071



跳ね上げ部分のハトメもつけました


DSC_0075




軍幕ですから、当然、スタイルは
ブッシュクラフト系のキャンプ

それでポールは、自作です



DSC_0088


防水加工は
得意のシリコンコーキングとペイント薄め液

写真のもので計1,000円ほどです
これの4分の1ぐらいの量で塗布できたので


費用的に防水処理は250円



DSC_0092



乾けばもとに戻りますよ



DSC_0113




ドイツ軍幕 パップテント・ファスナー加工 
完成したので、試し張り


設営方法は
跳ね上げない方をペグダウン
ポールを入れると自立するので
他の箇所をペグダウン

そこからポールにロープを張って
幕のシワがよらないように張りつめていきます

当然、ロープも綿ロープで自在結び


DSC_0115



ファスナー加工していないのなら

このスタイルになります



DSC_0125



パップテントファスナー加工をすると

跳ね上げスタイルとなり快適ですね


DSC_0127



蚊帳は二つもっています

夏場の虫が多い時はここに蚊帳をはります



DSC_0131




サイズは

高さ95cm 縦幅150cm 横幅 290cm 開口部幅200cm


ポールがあるから狭く感じるので
ポールの二股化をします


DSC_0150



ポールを120cmと117cmの長さで
蝶番で繋げ、角度も調整して
二股にしました


DSC_0157



うん、全然、広さが違いますね


DSC_0130



軍幕は、ブッシュクラフト。キャンプとなるので

立ちカマドを枝で作らないといけませんね

ボーイスカウトで慣れています

アンモ箱もあるし、想像がふくらみます


また、米軍放出の担架スタンドを
軍幕キャンプに使うのも人気ですが

こちらは品薄で、ヤフオクでたまに出品されるのを
買うしかにあですが、かなり高額になっていますね






 

↑このページのトップヘ