DEBUSキャンプ(ゆるゆる自作キャンパー)

自作モノを中心にキャンプ記事を綴っています

修理



d1


ヤフオクのアウトドアーのジャンルをよく

「ジャンク」で検索して入札しています




DSC_0280




それで、今回、落札したのは
この灯油式の「カンテラ」
500円で落札、送料1000円なので、計1500円

これを修理したり改造してくのが楽しいのです


DSC_0282



これは、どうみても中華製
このビンテージ感が素敵です

DSC_0357


万能クリーナーで汚れを落とすと

ビンテージ感が増して、良くなりました



DSC_0362



さあ、灯油を入れて点火したのですが

灯油漏れがひどい
上部の縁の繋ぎ目から、多数、漏れているみたいです
どうりでジャンク物のはずです


DSC_0376



それで耐熱パテを塗ります
パテの色が、カンテラの色と同色で目立ちませんね


DSC_0381



これで風で揺れても大丈夫
でも、このガラスは耐熱ではない
普通の板ガラスなので心配


DSC_0383


灯油の優しい光です

これはこれで、大満足です



DSC_0409



でも、それだけでは簡単すぎるので
小型ガスランタンを取り付けることにしました




Amazonで2300円の中華製ガスランタン
性能的には国産品と変わりないです
(マントルはダメなので、スノピのマントルを買ってください)



DSC_0414


最初は、中置きしようと思いましたが
手抜きはだめですね~



DSC_0419


それでガスカートリッジは下部から
接続することにしました

穴あけします

DSC_0422


下部のカバーが必要ですね


DSC_0448



大きなワッシャみたいなものを製作して
ガスとランタンの間にはめこみ
カンテラに取り付けます


DSC_0000_BURST20190311153135554




下部のカバーも製作します



DSC_0658


同色系に塗装して完成です


c2



お~~~!
素敵ではないですか


c3


でも、火力が強いのでガラスが心配です
触ると火傷しそう

それで、ガードになるメッシュグローブを付けることにします


d1


こちらは、灯油の元のスタイルです

こちらのほうが明るくはありませんが
暖色系で
優しいですね


灯油式ランタンは3個持っているので
また仲間が増えました




 

DSC_0057




愛すべき中華製の廉価なキャンプグッズ

愛おしいぐらい不具合が多くて

そこを直しながら実用的なものに改造していくのが
面白いですね

今回は灯油ストーブです




Amazonでポチったのは
こちらの灯油ストーブ
2,800円とびっくりの破格値ですよ

DSC_2107


どんな不具合があるか
楽しみに開封していきます


DSC_2110



レビューでも散々と使い物にならないと
言われていますね(笑)


DSC_2111


構造は簡単です
中華製の灯油ストーブはどれも
廉価な綿芯です
ガラス化したい方はググってください


DSC_2113


灯油ランプとかと同じで
上に燃焼部分を被せるだけの構造なので
移動する場合は
必ず灯油は抜いておかないといけません

灯油の注ぎ口がありますが、
写真のように投入したほうが簡単です

DSC_2121


さて、灯油投入後の問題点ですが
灯油を含んで重くなった芯は
その重みで芯が上に出たままの状態を
維持できません

このバブルが緩いので固くしないと
簡単に下がってしまします

最初、ペンチで潰そうと思いましたが
びくりとも潰れません

それで、空き缶のアルミ板を
写真の部分に入れ込み
バブルを固くしました

これで、芯の位置を固定出来ました


DSC_0030


他の方のレビューに

この芯を通すパイプが緩いので
耐熱パテで補強していると言ってましたが
個体差があるのか、これには必要ありませんでした



DSC_2123



それで、燃焼実験です

ヒーターアタッチメントを
取り付けてない状態ではこんな感じです


DSC_2319


芯の位置ですが
燃焼よりも消火を基準に位置決めをします

一番下げた状態で炎が消える位置を
何回もテストして押し下げていきます




DSC_0019


全開にすれが、空気が多く流入し
炎があがるのは当然ですね


DSC_0003


ほどよく、青い炎で落ち着かせます


1



このままでは面白くないので
ヒーターアタッチメントの自作にかかります

ヒーターアタッチメント ON ヒーターアタッチメント

2段立ての 石油ストーブになりますね



DSC_0022


このステンレスのメッシュの網が大量にあります

何に使ったというと
空き缶の炊き込みご飯に使いました

空き缶炊き込みご飯の作り方


DSC_0051


2種類作ります

①メッシュを丸めて、縁を丸めて折り込んだもの

②メッシュを丸めただけのもの


DSC_0028

縁を丸め込んだものは
コイルの代わりですが

丸め込み過ぎました

DSC_0048


丸めた縁が、ケロシンが気化して
上がってくるところなので
やはり燃焼が思ったようにはいきません


DSC_0052



メッシュだけで実験してみます

DSC_0053


こちらのほうが
炎の上りがよくて
メッシュが赤くなりますね


DSC_0055



ここに耐熱ガラスの筒があれば
熱がこもり
放射熱がさらに温かく感じられるはずです



2


結論ですが

格安中華製のケロシンストーブ(灯油ストーブ)は
改造しないと、
最初から使い物にならないので
物好きな人だけ、
購入しましょう












 

4


テントは経年使用により
防水と撥水は無くなってきますね

撥水の回復は難しいですが

防水処理なら、防水剤を塗れば復活します

テント専用の防水剤は値段が高いので

信越化学のポランTを使うのが定番ですね

でも、もっと格安に防水剤を手にすることができます

コーキング材のシリコンを使うのです

DSC_1893


シリコンのコーキング材の透明クリアを使います

ホームセンターで300円もしません
246円で購入できました


DSC_1692


このシリコンコーキングに
ペイント薄め液かホワイトガソリンで希釈します

大体、3~6倍ほどでしょうか

俺は綿の軍幕に使うので、3倍にしました

DSC_1699


シリコンコーキングは1本 300mです
そんなに要らないので、半分の150mに
ペイント薄め液 400ml

だまになるので、温めて攪拌してくださいね


DSC_1704


刷毛でドイツ軍の軍幕に塗っていきます

DSC_1885



バケツの水をかけてテストしました

効果はばっちりですね


DSC_1888


ファミリーテントなら希釈5倍で
シリコン1本 300mに

ペイント薄め液1,4lぐらいでしょうか


※自己責任にて行ってくださいね




詳しい説明はこちら

DEBUSくりえいと 246円シリコンコーキングで防水処理










 

DSC_0203



モンベルの優れた幕のひとつに
アストロドームがあります




2015年に山口県のきらら浜にて
ボーイスカウトの世界ジャンボリーが開催されました

世界ジャンボリーには、俺は参加しませんでしたが
参加した海外のスカウトは、大会前後に
ホームステイをするので、大会の前後に
イギリスのスカウト2組を受け入れましたよ

DSC_0231


その時の支給テントが、
モンベルのアストロドームを元にした特注品でした

それをもらったのですが
ポールが1本欠如とのこと

それで、ほったらかしで忘れてたのですが
キャンプ道具を整理してたら出てきたので

ポールを探しました

DSC_0220


ポールって単品だと高いですよね
このポールは直径11mmで長さは5m70cmもあります

この長さのはどこにも無いので
ヤフオクで4m70cmのを2本買って繋ぐことにしました
送料入れて、3,000円でした

が、11mmと商品説明にあったのに、届いたものは9,3mm


めんどくさいので、仕方なくこれを加工します


DSC_0199


これだけ、短いので繋ぎます

DSC_0203


ジョイントで合うところが無いので
金鋸で切断して、長さを合わせます


DSC_0205


ゴムロープの抜けたのを
針金に結び通します

DSC_0208

結んで完成です


DSC_0222



設営してみますね

DSC_0238



3本をクロスに通します
天井のループも通します

DSC_0251


インナーは二つあります
一つしかセットしてませんが
アストロドーム内で2ルームのインナーに
前室スペースもあるので
2室1リビングの構造です

DSC_0244


インナーは別売りなので
インナーは1室 12,000円ほどです

DSC_0240


世界ジャンボリーのロゴが大きくプリントされています

日本中で、この幕を持っているボーイスカウト関係者が
多くいると思いますよ

見かけたら声をかけてくださいね






 


P1030675


キャプテンスタッグのコンボクッカー

コンボクッカーといえば、ロッジ製ですが
日本のパール金属さんのブランドの 
キャプテンスタッグがコンボクッカーも人気です



なんてったてロッジの半値の半値以下の3000円前後で買えます
ただし、ロッジ製と違いシーズニングは自分ではしなくてはいけません

DSC_0051


まあ、鋳物に違いはないと思い、購入したのですが

DSC_0053


蓋との間の隙間が気になる!
平らなところで明かりを照らしてみると

DSC_0055


隙間から光がこぼれています

どうやら真ん中のほうが高くなっているみたいです

それで、研磨することにしました


DSC_0057


方法は簡単です
一番洗い40番の紙やすりを平らな面に敷き
その上で鍋を動かして研磨します

DSC_0060

分かりやすいように、最初、チョークで塗りました


DSC_0063


チョークも取れて、綺麗に研磨できて光っています

DSC_0069


懐中電灯を入れても、もう光は漏れてきません

DSC_0073


次に蓋の部分を研磨します

縁の所だけです
突き出した部分は関係ありません

理屈は、縁の部分がすべて水平になればいいのですが
やすり掛けでは、無理です

それで、膨らんでいる真ん中を重点的に削ります

DSC_0078


紙やすりで仕上げます

DSC_0052


これで、うまくいきました

あとは、黒く仕上げていくだけです




 

↑このページのトップヘ