DEBUSキャンプ(ゆるゆる自作キャンパー)

自作モノを中心にキャンプ記事を綴っています

自作

DSC_1145


キャンプで使える軽量ピザ窯の製作です

キャンプでピザを食べるなら
絶対にピザ窯で食べたいですよね

お味が全然違う

4



でもピザ窯なんて、

大きな施設の所にしかない

1枚だけ食べるのには面倒

それなら、持ち運び可能な
キャンプで使える軽量ピザ窯を作っちゃえ!
ってことです



DSC_0986



耐火セメントで作る?
LPガスボンベで作る?

色々と考えた末に
一番安上がりで軽量なプランを思いつきました


鉄板を曲げて、その中に
園芸用品のパーライトを詰めて
蓄熱材とするのです



DSC_0293


パーライトって、ロケットストーブの製作で
使いますよね

1袋650円ほどと格安で
しかも軽い

うってつけの、蓄熱材です


DSC_0995



内側は、食品を扱うのでステンレス

これは円筒形のステンレスの筒を
半開きにしたものを
鉄板の土台に取り付けた段階の写真です




DSC_1039



外側は、ステンレスにしたいのですが
値段が高いのでトタンを使いました



DSC_1047



この隙間にパーライトを埋めていくのです



DSC_1051




後ろ側です
後部にもパーライトを埋める隙間がありますよ


DSC_1054



DSC_1067



これは後部からガスバーナーを差し込む時の
ホールです


DSC_1068



パーライトは結局
1袋半使いました


DSC_1071


ゆっすて、叩いて固くして
前面は耐火モルタルで固めます



DSC_1075



綺麗な小石で装飾しました

ちなみにこの軽量ピザ窯は
2層式です

下段から薪を燃やしてもOKです




DSC_1082



耐熱塗料は シルバーにしました


DSC_1125



上段、下段ともに扉を取り付けて
熱を逃がしません



DSC_1131


完成です

重さは15Kg

これなら十分、持ち運びできますね




DSC_1137




ガスバーナーを後ろから差し入れ

燃焼させます

ズボラだから、これが一番に楽ですね



DSC_1139



空気をうまく混ぜて
このように炎をあげさせます

これが一番に温度が上がります




DSC_1140



完全燃焼の青色の炎だと

ピザ窯を温めるのに時間がかかります



DSC_1151



ほどよく、適温になりました


DSC_1152



対して外側は
58度と、さすがパーライト


DSC_1154


燃焼をストップしても
蓄熱効果は良いですね


DSC_1155



蚊に刺されたので、あれこれしてたら
少し焦げましたが
良い感じに出来上がりました


さあ、今度はキャンプで
業務スーパーのモッツアレラピザを食べるぞ




いつもの製作ブログはこちらです


軽量ピザ窯の製作


































 

419


ソロキャンがほとんどの俺ですが

いつも大量に使うのが
キッチンペーパーとウエットティシュ

鍋皿の汚れをとったり
アルコールウエットティッシュは除菌も
してくれますね


そんなキッチンペーパー様と
ウエットティシュ様に感謝して
ホルダーを作ってみました



DSC_0983



最初は TDL10周年の
このミッキーのマジカルライトで作ろうと思いましたが
それは、また次回ということで



DSC_1517



今回は銘木っぽいイメージで作ります

でかい瘤があったので輪切りにしました


DSC_1521



角材を丸くして、
彫刻刀で削って銘木仕立てです

これがキッチンペーパを支える棒になります


DSC_0757



製作が長らく止まっていたのですが

円形のウエットティシュの箱を入れる
円筒形の木材をどう製作しようかと?

木工旋盤でくり抜くのも大変だし
薄板を曲げても破損の危険があるしねと


それで、塩ビパイプを少し大きく加工して
そこに薄板を曲げて貼り付けることにしました

それなら破損の心配がないです



DSC_1524



ウクレレの製作で自作した
アイロンで曲げます


DSC_0783



塩ビパイプに貼り付けました


DSC_0829



それぞれ取り付けて
透明のウレタンニスで塗装



418



はい!

工芸品風の
キッチンペーパー&ウエットティッシュホルダーの出来上がり

キャンプしたら映えるだろうな~




詳しい製作ブログはこちら

ウエットティシュ&キッチンペーパー・ホルダー製作












 

DSC_0713



キャンプで帆布のチェアーが
インスタ映えもするし
人気ですよね


お洒落な帆布チェアーで
景色を眺めながら
美味しいドリンク片手にゆっくりするのが
理想です

そこで帆布の折り畳みチェアーを
2脚作りましたよ


2



サイズはこんな感じ(mm)

70cmの幅ってかなり広いから
ゴージャスに見えますよ



DSC_0605



もちろん、折り畳み式ですから
畳むとこんな感じです


DSC_0608




まずは、木材のパーツから製作

設計図なんて入手出来なかったので
机上の計算であらかじめ部位を作り

見本の組み立てから
理想の長さ、ボトルの位置を決めていきました


DSC_0624


可動部で 結合がボルトじゃない固定式のところは
ダボ留めです


DSC_0650


木材の着色は 2脚あったので
明るい色と ダークな色の2種類 塗布しました

DSC_0653



ジェルタイプよりオイル系の方が
塗りやすいですね


DSC_0664



続いて、縫製作業にかかります

11号帆布の白を購入

裁断して ミシン掛けします


DSC_0668



最近、厚手も縫えるミシンを購入しました

帆布でも楽勝です


DSC_0673



角材を通す部分は念入りにミシン掛け




DSC_0682



あとは組み立てて完成です


DSC_0696



3段階の角度調整が出来ますよ


DSC_0718


ダークのと

DSC_0685


ブラウンの帆布の折り畳みチェアー

詳しい製作記はこちら


帆布の折り畳みアウトドアチェアーの製作












 

14



ボーイスカウトは毎年、各都道府県の
イオンモールさんとコラボで

「防災キャラバン」と称する

防災に関するイベントを行っています

今回、ブースを任されたので
「ポリ袋を使った防災グッズ」のコーナーを
企画しましたよ

色々とあるのですが
まずは、ゴミ袋を使った
防寒着&エプロンです



12



材料は、
ゴミ袋、型紙、マジック、はさみ、
他には、作業の下にひく
ブルーシートや新聞紙です




11


大人のサイズは45L
子どもさんのサイズは 30L
となります


18



それぞれのサイズの型紙を作りました

上側がエプロン
下側が防寒着

防寒着の袖の部分は上から5cmのところから
カットします



16



イベントなので
一度に人数をこなさないといけないので
あらかじめ、ゴミ袋をセットしといて
防寒着を作るか
エプロンを作るか決めてもらい
型紙をあてて、マジックで縁取りします

切り取りは、お絵かきしてからです

ゴミ袋は、乳白色と半透明がありますが
乳白色のほうが、綺麗です


17


右がエプロン

左が防寒着です


先に、はさみで切り取ってもかまいません


好きにお絵かきをしてもらいました

5



これは、型をとってもらっているところです


3


可愛いエプロンの出来上がりです
(写真掲載の許可をいただいています)


4


モデルのように

着こなしてくれました



ゴミ袋を利用した
防寒着ですが

まだ寒い場合は、新聞紙を下に
着込んでくださいね

また、体育館で避難している場合
足元が冷える時は
ゴミ袋の中に、新聞紙を丸めて入れて
そこに足を突っ込むと
温かいですよ






1



今回は、色々な
ポリ袋を利用した防災グッズを
紹介しました


6



バケツが無い場合
ポリ袋に水を入れて
段ボールに入れて運べば
バケツ代わりになりますよ



8



懐中電灯にポリ袋をかぶせれば
優しい光になり
他人に迷惑をかけないし

ランタンの代わりになり
夜に眠る時も明かりが柔らかく広がり
寝やすいです




9



これは、ポリ袋を利用した
炊飯レシピです



DSC07422




あと、レジ袋の両端に切り込みをいれると

三角巾になります

また、汚物や、怪我の治療の時に
ゴム手袋が無い場合
ポリ袋を代用すれば
感染予防に役立ちますよう


2


ポリ袋は、
色んな形で防災グッズになります

覚えとくと為になりますので

ぜひ活用してください







 

DSC_0305



ロケットストーブは以前に自作しています

ロケットストーブの製作

定番のペール缶を使ったロケットストーブです

この種のロケットストーブは、ストーブにするには
薪の投入口が小さすぎて、
再々、薪を投入しないといけないし
大きな薪は入らないので
ストーブとしての役目より
調理カマドとしての機能ですね


DSC_0309



今回、地元の防災訓練で
中学生にお湯をロケットストーブで沸かして
アルファー米の非常食を作るというので
ロケットストーブが6台要るとのこと

俺のも含めて4台は調達出来たのですが
2台足らないので、作ってと頼まれました


去年の防災訓練の記事はこちら


防災キャンプ2018


DSC_0274


ステンレス煙突 半直筒 エビ曲がり フタつきエビ曲がり  が各1
ペール缶 が2 
パーライトが2
あと、小ねじと耐火パテ

がロケットストーブ1個に必要なものです。6,000円ほどでしょう


パーライトのこの18Lの大きな袋は
売っていないところが多いですが
ジュンテンドーのホームセンターに売っています

あと、五徳として濡れていないレンガが必要です


DSC_0275


煙突の径に合わせて
切り取る線を描きます




DSC_0276



グラインダーでラフに切り取るしかないでしょう

専用の工具は高くつきます


DSC_0278


ジグソーで切り取ってもいいですが
スピード勝負です



DSC_0282



隙間が出るのは想定内

パーライトがこぼれるので
耐火パテで埋めますが
念のために、ステンレスメッシュで塞ぎます



DSC_0283



煙突を差し込み
パーライトを入れて安定させます


DSC_0284



半直筒も差し込みます


DSC_0286



上部のペール缶の底を切り取ります



DSC_0287


水平になるように気を付けながら
小ねじで8か所留めます
5mmのボルトです

下のペール缶の持ち手は無意味ですので
カットします



DSC_0291



どうしても一部に隙間がでます

ここもステンレスメッシュで埋めます



DSC_0293


パーライトの数量を勘違いしてたので
ここで追加を買い出しに行きました


ついでの五徳の赤レンガも買いました

レンガやブロックは濡れていると
破裂する危険があるので気を付けてください



DSC_0295


パーライトを上まで入れ込みます

土壌改良剤のパーライトを使うのは
安価で軽い蓄熱材として利用できるからです

DSC_0302


蓋をして完成です

オイル缶で注ぎ口がある場合は
蓋をして気にしないか
底を上に持ってくるかですね


DSC_0308



耐火パテで隙間を埋めます
隙間があるとパーライトが
漏れてきます


DSC_0305


はい、完成!

燃焼テストもOK

ロケットストーブらしく
良く燃えてくれてます

2個で1時間半の製作時間ですから
1個で45分です

予想は30分でしたが
ボルト留めに時間がかかってしまいました


DSC_0326


俺は、防災訓練の時はドローン担当

でもこのDJI  Phantom調子わるい~~




 

↑このページのトップヘ