P1030411


2017年7月8~9日に
にソロキャン行きましたよ

谷瀬の吊り橋オートキャンプ場

奈良県吉野郡十津川村大字上野地8   0746-68-0118

予約不要の広大な河原のどこにでもテントを立てれるほんと
良いところです
川を隔てた向かいに
つり橋の里キャンプ場があります

広大な河原のフリーサイトで、人柄の良い管理人がいるのは同じですが

違いは
谷瀬の吊り橋オートキャンプ場のほうは
水洗トイレ
五右衛門風呂がある
ゴミは持ち帰り
谷瀬のつり橋を歩くペタペタの音がしなくて静か

ぐらいでしょうか!
女性にとっては、ぽっちゃんトイレじゃない水洗の
谷瀬の吊り橋オートキャンプ場じゃないと無理でしょうね

3時ぐらいについて
設営です

この受付を通ります

料金は
1名500円、テント1張り1,000円 車 1,000円の
合計 2,500円でした

DSC_1158

松林やログハウスありますが
ソロですから、広大な河原に一人ぽつんとしたいのです


DSC_1106

自作の木製鉄骨組たてに、実験します

DSC_1101


また、後日、記事にしますが、折り畳み式のワンタッチ構造を製作中です
梁をロープにしたの失敗で、今回はここまでで断念しました

それで、木立にロープを張りタープを載せます
タープ泊で、コットで寝ます

P1030412

このタープ

Aqua Quest (アクアクエスト) Defenderタープ
で、耐水圧はなんと20000mmです


豪雨に見舞われましたが、雨漏りは皆無でしたよ


DSC_1119

この日は暑かったので汗だく
それで、30分ほどかけて温泉にいきます

DSC_1112

泉湯さん  
400円で温泉の質がいいですね
単純硫黄泉で かけ流しです

露天も最高です

DSC_1109

近くに夢乃湯がありますが
そこの温泉はいまいちですね
帰ってきて、
大好きなトランス音楽を流します
これでも、トランス音楽のブロガーなのです
それで、寝るまで音楽かけっぱなしでした

このスピーカは  TaoTronics Bluetoothは
防水なのでキャンプでも安心です

DSC_1151

さあ、夕食&アルコール
今夜は ポップコーンシュリンプ作りましたが
いまいち、エビフライとの違いがわからないですよ

DSC_1113

ほかにはキノコ鍋とかいろいろ

DSC_1114

ユニフレの焚火グリルを忘れてきたので
売店で500円でレンタルしました
ちなみに、俺は仕事の片手間に薪も販売してるので
薪は使い放題なのです

夜になって雨がやみました

DSC_1121

なにげに 焚火のおきで炙ったホッケがうまい

DSC_1126

そしてそのままコットに横になりました
コットと言ってますが、ボーイスカウトではカーツと言ってます

そして、朝起きて一番にしたのが、コーヒー豆の自家焙煎

DSC_1139

前日にするはずが、雨でやる気を失ってました
ほどよく焙煎されて
手動のくるくるミルで挽きます

DSC_1143

塩バターパン
思ったほど美味しくなかった
それより、あごだしで味付けした目玉焼きが絶品でした

DSC_1145


目の前の景色を 見渡して
コーヒーが美味い
トランス音楽が心地いい

DSC_1148

雲でよく分からないですが
谷瀬のつり橋が見えます

DSC_1149

それでは 
谷瀬の吊り橋オートキャンプ場の
写真をアップ

サイトの上のほうに浴場

P1030413


五右衛門風呂です 300円

DSC_1130

シャワー 3分間 100円

DSC_1133

ランドリー

DSC_1129

売店

DSC_1160


サイトの様子

松林サイトや コッテージは撮り忘れじゃなくて
他のキャンパーがいたので
遠慮しました

2011年の紀伊半島大水害で大変な被害があったところですが
護岸で砂利を高く積み上げて
川からサイトまで高さは5mぐらいあるでしょうか

DSC_1154


P1030414


谷瀬のつり橋

大好きなキャンプ場です
また来たいと思います
今度はグルキャンで真夏のキャンプとかがいいですね


DSC_1136