DEBUSキャンプ(ゆるゆる自作キャンパー)

自作モノを中心にキャンプ記事を綴っています

2019年03月



d1


ヤフオクのアウトドアーのジャンルをよく

「ジャンク」で検索して入札しています




DSC_0280




それで、今回、落札したのは
この灯油式の「カンテラ」
500円で落札、送料1000円なので、計1500円

これを修理したり改造してくのが楽しいのです


DSC_0282



これは、どうみても中華製
このビンテージ感が素敵です

DSC_0357


万能クリーナーで汚れを落とすと

ビンテージ感が増して、良くなりました



DSC_0362



さあ、灯油を入れて点火したのですが

灯油漏れがひどい
上部の縁の繋ぎ目から、多数、漏れているみたいです
どうりでジャンク物のはずです


DSC_0376



それで耐熱パテを塗ります
パテの色が、カンテラの色と同色で目立ちませんね


DSC_0381



これで風で揺れても大丈夫
でも、このガラスは耐熱ではない
普通の板ガラスなので心配


DSC_0383


灯油の優しい光です

これはこれで、大満足です



DSC_0409



でも、それだけでは簡単すぎるので
小型ガスランタンを取り付けることにしました




Amazonで2300円の中華製ガスランタン
性能的には国産品と変わりないです
(マントルはダメなので、スノピのマントルを買ってください)



DSC_0414


最初は、中置きしようと思いましたが
手抜きはだめですね~



DSC_0419


それでガスカートリッジは下部から
接続することにしました

穴あけします

DSC_0422


下部のカバーが必要ですね


DSC_0448



大きなワッシャみたいなものを製作して
ガスとランタンの間にはめこみ
カンテラに取り付けます


DSC_0000_BURST20190311153135554




下部のカバーも製作します



DSC_0658


同色系に塗装して完成です


c2



お~~~!
素敵ではないですか


c3


でも、火力が強いのでガラスが心配です
触ると火傷しそう

それで、ガードになるメッシュグローブを付けることにします


d1


こちらは、灯油の元のスタイルです

こちらのほうが明るくはありませんが
暖色系で
優しいですね


灯油式ランタンは3個持っているので
また仲間が増えました




 


DSC_0647


廃版となったケシュアBase

ポップアップながら、大きなシェルターで今でも根強い人気があります

e173842b


俺も一つ持っています

当然、1軍のギアテントですが

連結したいので、ヤフオクで絶えずチェックしています
でも、結構、高値で落ちていますね
定価より高い、3万円前後です


今回は、そのケシュアBaseよりもレアな

Quechua Base Fullが出品されていました


DSC_0620



何が違うかというと
4面フルオープン(通常は2面フルオープン)で
しかも
2面が大きなひさしが、ついていて
テントとフィーチャリングできるのです

でも、出品されていたのはジャンク
ガムテープで補修とのこと

それで安く落札出来ました
2万円ほどです





DSC_0600


届いたので試し張り


DSC_0602


ガムテープの補修はあとで
綺麗に修繕しときます
あとは、かび臭いだけ

DSC_0650


テントのカビ撲滅は
エタノールが楽です

Quechua Base Full
スプレーで吹いたら、カビは死滅!
すぐに乾きます


DSC_0603


グラウンドシートも付いてました
初期のころのケシュアベースは付属してたみたいですね

ちなみにこのQuechua Base Fullは
10年前ぐらいに廃版です

DSC_0605



構造はケシュアbaseと同じ

2秒でこの状態に広がりました


かび臭いので、速攻、スプレー吹きます

DSC_0608



内部の様子
緑のケシュアベースは、日中は
幕内が緑色になるので食べ物も
美味しく見えませんが
この色合いは良いですね

DSC_0609



上部はベンチレータのために
メッシュの筒がついていました


DSC_0606




長いひさしのある2面です
これをロープで引っ張って、起こします


DSC_0614



左右2か所からガイロープを張るのですが
手抜きでセンターから


DSC_0620



これだけで、十分、タープ代わりになりますね

ここが
Quechua Base Fullの良いところです


DSC_0623


4面フルオープンで快適です


DSC_0632


そして、やってみたかった

Quechua Baseのドッキング


DSC_0628


DSC_0638



Quechua Base 同士の連結はよく見ますが

Quechua Base Fullとの連結は、
我ながら、素晴らしい


DSC_0643



そして、ここに
ケシュアのポップアップの

2 Seconds FRESH&BLACK 2人用を連結



最終形態がこれを目指してました


DSC_0647


リビングが二つに寝室が一つ

DSC_0644


雨が降っても濡れずに
Quechua Base Fullに帰還


DSC_0647




ソロだと広すぎるな~

ポップアップのテントが3個なので
設営撤収が楽ですね

サイトで目立つこと間違いなし


Quechua Base Full
落札出来てよかったわ~

今度は
Quechua Base のインナーテントを
探します








 

DSC_0520-Edit



またまたキャンプ禁断症状が出てきたので

仕事終わってから、小船キャンプ場に走りました

夕方6時に出発して、
9時に着予定です

夜の遅い時間の設営ですので簡単に済ませたい

いつもならケシュアベースですが
今回は同じポップアップ式の

FIELDOORイージーポップアップドーム285



FIELDOORイージーポップアップドーム285レビュー


DSC_0455


1秒でこの状態になる優れものです


DSC_0516



小船キャンプ場近くの
「熊野川温泉さつき」 
ここの露天風呂が素晴らしい
しかも500円とお値打ちです


DSC_0514


1人で露天風呂に入りながら満月をぼ~と眺めてました


DSC_0517


予定通り9時に到着

この日は平日で、翌日は春分の日で祝日

ソロの方が2組いました

お騒がせしないように
静かに素早く設営します

DSC_0518


この状態を5分で完了


ポップアップなので1秒でテント完了
グラウンドシート一体なのでペグは打ちません
荷物をおくのでそれがペグ代わりですね

DSC_0593


ローチェアをやめて、あぐら椅子を持っていきました
チェアーを組み立てるのが面倒なので
このあぐら椅子だと広げるだけで完了です

こだわり

①安眠したいので、インフレーターマットに枕に羽毛シュラフは絶対です

②ライティングは複数が絶対なので
 上部2か所、据え置き2か所、ポイント1か所
 ライト類と電源は削れません

③料理はインスタ映えするもの
 を作りたいので、食器や調理器具類は削れません


DSC_0535



暖は、カセットガスストーブ

幕内でマーベラスも炊くので
CO2警報器と換気は絶対です

DSC_0524


それで、夕食は速攻、調理
メインは牡蠣と豚バラのレモン鍋
レモン果汁を鍋にいれ、輪切りのレモンも載せて
これ絶品でした

柿の葉寿司が食いたかった

そして予報より早く雨が降り出しました

DSC_0533



そんなに高くないワインと

DSC_0534



スペインのムール貝のガーリック漬けが
最高の肴でした

スマホで映画を観ているうちに
酔いも回って、眠りにつきましたよ

真夜中から雨が本降りになってましたね

DSC_0538


朝、結露が凄いですね
フロアが水浸し

寒い時期の雨の時は特に
結露が凄いですね

タオルで何回も拭いては絞りしましたよ

テントは2285mm耐水圧なので余裕でした


DSC_0539


雨なのでウォーキングはやめて
土鍋で炊飯します

DSC_0543


TKG (卵かけご飯)

卵白をお箸でメレンゲにするのに時間がかかりましたが
美味すぎでした



DSC_0545


雨なので、神秘的な景色にうっとり

のんびりした時間のなか
お昼まで
kindleで読書タイム



DSC_0547


昼食にとりかかります

ベーコンを炒めてっと

DSC_0550



フェットチーネの出来上がり

DSC_0546



しばらくしてから撤収しましたが
さすがポップアップテント
10秒で畳んでしまったら
隣のキャンパーさんが驚きの目で見ていました


DSC_0572-1-Edit


小船キャンプ場を出て探検に出かけます
今回は南下


DSC_0574-1-Edit


これは、骨の様に見える白い巨岩の集まっているところで
「骨島」といいます

紀伊山地は摩訶不思議ゾーンが多いので
大好きです


DSC_0582-1-Edit


土石流で廃墟のようになった河原


DSC_0562-4-Edit


飛雪の滝

3月なのに泳いでいました
ビックリです


ここはキャンプ場にもなっているので
一度、キャンプしてみたいですね


帰路につきましたが
もっと、設営撤収が簡略出来ると思います
ミニマムキャンプは嫌いなのですが

もっと簡略した充実装備を練ってみますね
















 


1



FIELDOORイージーポップアップドーム285

パット広げるだけで、テントが立ち上がる
収納するときも折りたたむだけ


maxshare_max-a11964_4
(FIELDOORのサイトより画像引用)


上の写真のようにポップアップのテントは
ほんと、
設営、撤収が楽です

でも本当に凄いところは

風に強い!(耐風性)なのです

どんな強風が吹いても、柳のようにしなれるだけで

ポールが折れることはありません

ケシュアのポップアップのテントを
持っていますが

どんな強風が吹いて、ぺしゃんこになっても
風がやめばすぐに元通りになります

DSC_0479



真夜中の設営も多いので
ポップアップでグラウンドシートも
ついているのを探して
購入したのが

FIELDOORイージーポップアップドーム285


DSC_0455



これ素晴らしいですね

値段はヤフーショッピングで7、500円
amazonで9,000円ほどです



DSC_0452


けっこう、大きいです

ケシュアベース並みの大きさですが
軽いですよ

 (約)φ90cm×8cm 重量 (約)3kg


DSC_0453


裏面に収納をアップした動画のQRコードがついていますが

こんなに大きくなくてもいいでしょう(笑)

DSC_0454


プラのハンマーも軟弱地では、そこそこ使えました

ガイロープも8本ついています

DSC_0480



DSC_0457



前後、ペグダウンしないと反り返りますが
荷物を搬入すれば問題はありません

DSC_0469



本当にワンタッチで立ち上がりました
1秒もかかっていません

それで、耐水圧が記載してないので
FIELDOORの問い合わせました


FIELDOORイージーポップアップドーム285の
耐水圧は 2285mmだそうです

どこかのレビューで雨漏りがひどいとありましたが
2285mmなら、耐水圧は良い方でしょう


DSC_0458



室内も広い

出入り口は前後、2か所

maxshare_max-a11964_3



大人4人用とありますが、そこそこ広くて高さもありますね


DSC_0463


窓も出入り口もメッシュ付き

DSC_0468


ベンチレーションも入り口左右の4か所あるので
幕内での火気も、ある程度は安心です


DSC_0464


ランタンフックは4個

DSC_0474


今、持っている
ケシュアのポップアップは
ケシュアベースだとグラウンドシートが無い

ケシュアの2人用のポップアップは狭い

しかし
FIELDOORイージーポップアップドーム285だと

広いし、シートまでもワンタッチなので

設営が秒速ですね

それと気になる幕の収納も
超簡単で一人でも10秒で出来ましたよ


DSC_0479


















 

↑このページのトップヘ