DEBUSキャンプ(ゆるゆる自作キャンパー)

自作モノを中心にキャンプ記事を綴っています

2018年07月

2



キャンプで使うベッドのことを「コット」と言います
俺も3個持っていますが
どれもサイズが小さい
幅が大きくて75cmです

でも家のようにキャンプでも快眠したい
足を広々と投げ出して寝たい

と思い
1m幅で2mの長さのコットを作ってみましたよ
高さは35cmです



DSC_0965



材料は 強度のある南洋材の角材

43mm角です


DSC_0973


金具とビスで脚を固定します

それ以外はボルトで取り外しです

DSC_0977



2M X 1M のサイズですが
そのままでは車に乗らないので
1M X 1Mのセットを二つ組み立てることにします

それで、材は最長でも1Mです


DSC_0978



両端とセンターだけボルトで留めて
あとは置くだけですよ

DSC_0988


飾りも付けます


DSC_0990


これで完成

組み立てに10分で完了です


DSC_1013


マットには
ニトリの軽量6折マットです
これ本当に軽量コンパクト収納で
キャンプにぴったりですね


DSC_1014


1M X ”2Mなので広々

1



流石に敷布団と掛布団はかさばるので
シーツを引いてシュラフで
眠ります


DSC_1027


強度もあるので
ベンチとしても使えますよ

DSC_1030


解体するとこんなにコンパクト

キャンプで快適に過ごすための

DIYは、まだまだ奥が深い



いつもの 製作ブログはこちら

自作キャンプ・コット これで快眠







 


6




この前、最高気温が37度の

酷暑の十津川にキャンプに行きましたが


酷暑の谷瀬のつり橋キャンプ場でソロキャン

その時に保冷剤で作ったアイスクリームを
教えて欲しいと言われたので
アップしますね





LOGOS 保冷剤 氷点下パックGT-16℃・ハード1200g 

このLOGOSの保冷材は最強ですね
一般の保冷材に比べて保冷能力が8倍

ビール缶なんか直接冷やしてはいけません
凍ってしまいますよ


今回は LOGOS 保冷剤 氷点下パックを利用して
アイスクリームを作ります



1


レシピは超シンプルな簡単調理

卵黄2個に 砂糖大さじ6を混ぜます


2


牛乳200ccに生クリーム80ccを
混ぜて、沸騰寸前で止めて

少しづつ卵黄・砂糖に入れていきます




3


メステインは金属なので
熱伝導が良いので
メステインを容器にします


4


冷めたら、
LOGOS 保冷剤 氷点下パックが二つあるので
上下に挟みます


5



さすが、最強の保冷剤
気温37度の中、
4時間ほどで固まりましたよ



7


メステインもキンキンに冷えています

お味は、お母さんが作ってくれたような
懐かしい味がして
美味しかったですよ



8



惜しむらくは、アイスクリームを入れる
器も冷やしとくべきでしたね


是非、お試しあれ

















 


DSC_0902


7月14~16日は海の日をはさんで
3連休ですが
俺は15~16日が休みなので
谷瀬のつり橋のキャンプ場にソロキャンいきました

DSC_0802


天気が良いというか
酷暑ですよね。
最高気温が十津川でも37度

こんな状況を変態キャンパーの俺が
ほっておくわけない
喜んで酷暑の耐熱キャンプに出動です


でも夏の3連休。
キャンパーの数が半端ない


DSC_0804


耐熱キャンプで選んだ幕は
新作の

新作;QUECHUA ファミリーテント ARPENAZ FAMILY 4.1 FRESH&BLACK



DSC_0814



    FRESHは特許を取った
PU コーティング ポリエステル生地に
二酸化チタン層、アルミニウム層を加えた 3 層構造の
UVカットです


まあ、酷暑の前では気休めでしょうが!



DSC_0819



お昼前に到着して、幕を設営できたので
昼食は
世界で1番に美味しいインスタントラーメンといわれている
シンガポールのラクサラーメンを作りました


DSC_0822


この時点で、気温は36度
それで、デザートのアイスクリームを作ります
材料は、簡単に
牛乳、生クリーム、卵黄、砂糖です
メスティンは金属なのでちょうどいいですね


DSC_0835


普通の保冷剤では無理ですよ
ビールでも入れておくと凍ってしまう威力のある
LOGOSの保冷剤を上下にはさみます
ちなみにクーラーはソフトクーラーです


DSC_0856

猛暑なのに
4時間ほどで、こちこちに凍ってました
さすがLOGOSの保冷剤
最強です

アイスクリームの味は
素朴なお母さんの味みたいで美味!


記事はこちら

LOGOS保冷剤でアイスクリーム作り




DSC_0827


ロックバランシング  または
石積みアートっていいますね


DSC_0833



アーチ型にも初挑戦しましたよ


DSC_0836



固いグラウンドですが
ペグで石を掘り起こし
何をしてるかというと

DSC_0839


これ
ダコタファイアーホールといいます

でも正式な ダコタファイアーホールではありません

煙突を使った変形版です


DSC_0852



バーベキューに

夜は焚火にと使います


DSC_0844


夕食のメインは
ハンバーグのトマト煮込み


DSC_0849


他、いろいろ

暑いのでアルコールが進むかと
思いきや、そんなに飲めませんでした


line_1531650808275



焚火遊び

DSC_0872


少しわかりにくいのですが

丸太のロケットストーブを
燃やしています

丸太を使ったロケットストーブ(木こりのロウソク)


DSC_0877


夜も暑かった
十津川だから夜は涼しいと思ったのが
間違いでした

早朝から、さんさんとふりそそぐ太陽
既に酷暑です

DSC_0880


朝食はデビルサンド
ゆで卵6個使います
1個はタルタルソースに使いました



DSC_0888


凄い迫力です


DSC_0894


ごめんなさい
半分も食べれませんでした



DSC_0896


コーヒーも暑いので
途中でアイスコーヒーにと
冷やしました


DSC_0920


気温は幕内で41度
サウナなので冷水を浴びにいきます


_20180716_114355



超きもち~~~い

これ夏のキャンプの定番になりそうです

川の水は最初は冷たいのですが
慣れるとちょうどいいです

寝ころがり、山と空と雲を眺めてました

無になれます




DSC_0919 (1)


見た目、キモイですね

昼食は
明太子バターの冷やしうどんと
キャンベルのクリームチャウダー



DSC_0914


耐熱ソロキャンプを無事に終わりました

ボーイスカウトでは、酷暑のグラウンドでの
キャンプが多いので
実は耐熱キャンプなんて慣れています

しかも横にすぐ川があるなんて天国ですよ

また、真夏の川キャンプに行きたいですね

子どものころは、キャンプといえば
川でした

石でカマドを作って飯盒炊爨とか
昔を懐かしく思い出しましたよ


































 

↑このページのトップヘ