DEBUSキャンプ(ゆるゆる自作キャンパー)

自作モノを中心にキャンプ記事を綴っています

2018年06月

DSC_0471


CAPTAIN STAG アルミ ロールテーブルを
フェイク塗装で
チーク材仕様にします

71Lmh1M03lL._SL1500_



これが人気のアルミロールテーブル

DSC_0245



黄色のラッカー 下地で
黒のエナメルで木目を書き
チークのウレタン塗料を塗っていきます


DSC_0340


6回塗りました

DSC_0437


鹿番長のロゴが埋没したので
切り込み入れて、黒で着色


DSC_0464

CAPTAIN STAG アルミ ロールテーブルの
フェイク塗装
完成です

DSC_0462



詳しい製作方法はこちら

CAPTAIN STAG アルミ ロールテーブルをフェイク塗装








 

33

この前に
自治会の行事の防災キャンプという防災訓練で
空き缶の炊き込みご飯と
青森B級グルメばら焼きを200食作りました

防災キャンプ2018

その時に、作り方を教えて欲しいという
要望が多かったので
「空き缶炊き込みご飯」の作り方をアップします

白米でも同じです
今回の空き缶炊き込みご飯は
鶏肉とシメジの炊き込みご飯です




空き缶炊き込みご飯  200食


 

1人前

10人前

50人前

200人前

105g  0.7

1,05kg  7

7,25kg 35

21kg   14

洗い米

125g

1250g

6,25kg

25kg

鶏肉

30g

300g

1,5kg

6kg

人参

5g

50g

250g

1kg

しめじ

10g

100g

500g

2kg

出汁

合計で140cc

400cc

7L

28L

醤油

10,5cc 大さじ0,7

105cc

525cc

2,1L

みりん

10,5cc 大さじ0,7

105cc

525cc

2,1L

10,5cc大さじ0,7

105cc

525cc

2,1L

生姜

少々

中々

大大

超大大

本だし

小さじ1

30g

150g

600g



 




1


当然のことながら
空き缶の上部を開けなくてはいけません
缶切りで簡単に開けれますが
バリで怪我するのが怖いのでしたら
やすりで取ってくださいね

今回は小学生が食べるので、みんなで綺麗に取っています


DSC_0253


小刻みに切り取るのが
綺麗に開けるコツです


DSC_0248


    米洗って、30分以上 ザルにあげます
ビール缶でしたら
白米なら0,8合
炊き込みご飯なら0,7合が
良いと思います




DSC_0259


上記の表のとおり
出汁を作ります
0,7合の場合、合計で140cc


1



     鶏肉、人参、シメジを細かく切ります
シメジが大きいと上に浮いてきて
炊けたかどうかの見極めが
難しいのです


DSC_0359



  空き缶に洗い米07合入れる

 生姜チューブを1cmぐらい入れて全体をよくかき混ぜる

DSC_0265

   2重のアルミホイールを中央をへこませて付ける
何故に凹ませるかというと
アルミホイールの蓋が蒸気で
なるべく飛ばないようにするためです

ここで腕に自信があるのでしたら
針金で縛って、アルミホイールに
爪楊枝で穴を開けても構いません
(それのほうが美味しく炊けます)


DSC_0434


炭火の上に置くのでしたら
バーベキュー網で十分ですが
ガスコンロの場合で、数量が多い場合は
網の下にステンレスのメッシュ網をひきます

これで炎が分散します
市販のものでも良いですが、
これで150円なので十分です



27


網の上に置き、中強火で15分~20
コンロ一つで7個作れます



DSC_0367


   10分ぐらいで勢いよく蒸気が噴出し、
アルミホイールがパタパタします

パタパタしなくなり蒸気が出なくなったら、
開けてみて確認

水分が無いようなら取り出します
少し水分が残っているぐらいがベストです



DSC_0369


 
上下を反対にして
底を叩いて米を下に落とします
毛布等をかけて蒸らします
15分ぐらい





31



これで出来上がりですが
空き缶をもって食べる場合は
炊けた当初は熱くて持てないので
冷ますまで待つか
新聞紙やタオルでくるんでくださいね







 


27


昔、住んでいた自治会が今年も宿泊を伴う
防災訓練をするというので、お手伝いしました
「三石台防災キャンプ」
キャンプはキャンプなので記事にしますね

昨年の防災キャンプの記事

昨年は体育館で泊まりましたが 
今年はグラウンド泊や車中泊もありです

と計画してたのですが、3日前に突如
やむを得ない理由から、宿泊は無しとなりました

俺は食事とグランド泊の責任者でしたが
グラウンド泊と牛乳パックを使ったホットドッグの
朝食が無くなったので、いくぶんかは楽になりましたよ


1


昼食の弁当の段取りをしてから
夕食にかかります

空き缶を使った炊き込みご飯と
青森B級グルメばら焼きが
メニューです

200食なので、200個の空き缶を
缶切りで開けています


2


子どもたちが怪我をしないように
切口を磨いてもらっているのです


5


1時スタートで5時の配膳
20人体制でうまくいくでしょうか?

空き缶の炊き込みご飯はボーイスカウトでよくするのですが
一度に200食は未経験
しかも大雨なので外の防災カマドは使えないので
ガスコンロで数をこなせるか不安です


3



テーブルごとに食材を区分けして調理スタート



6



誰も空き缶ご飯炊き込みご飯を
青森B級グルメバラ焼きは作ったことありませんでした


7



子どもたちもお手伝いしてくれています
バラ焼きのほうは20人前を一つの鍋に
セットします

8


炊き込みご飯は
鶏肉とシメジの炊き込みご飯です
0,7合で空き缶につめます

9


バラ焼きは1時間、漬けておきます

10


炊き込みご飯の出汁は
7Lを4セット
これを140cc入れていきます


11


なにが大変かというと
鶏肉を細かく切るのに
時間がかかりました


12


仕込みが終わったので休憩です

防災キャンプの開会式に出ました

13

和歌山県警の紀州くんと
和歌山県のきーくん

15


地元のゆるキャラ かきたん


16



体育館での個室スペースです


17



今年はペットボトル浄水器も登場です
実験の段階で上手くいかないというので

お前たち、砂を洗ってないだろう!
と指摘すれば、砂って洗うんだ!と
驚きの反応

おいおい!ですよ

25

これはもう大人の砂遊び
でも大事なことです


18


これはブロック塀の倒壊シミュレーション

痛ましい事故がありました
ご冥福をお祈りいたします


19


ボーイスカウトさんのテントも設置
ここでキムスゲームをします


20


消防署のブース

21



う~~~~リアルです

22



簡易トイレ
処理剤で固まるので廃棄も簡単だそうです

23



小学生による様々な発表もあります



24


新聞紙のスリッパ作りですね

DSC_0384


これは防災ベンチとピザ釜
普段はベンチですが、カマドに変身します



26



大雨ですが
火を起こしてくれました

4


スタンプラリー形式で
修了者にもらえます



28


さあ、家庭科室に戻って再開です


200人前を炒めていくのは大変です



27


1セット7個を10コンロで焚いていきます
20分であげてひっくり返し蒸らします

29


出来上がりはこんな感じ
空き缶の状態で見てもらいたいので
渡す時は空き缶ごと渡します


30



問題なのは1時間たっても持てないぐらい
熱いのです
それで扇風機で冷ましています


31


この状態で参加者に配膳します



32



バラ焼きのほうはこんな感じです


35


避難所での食事ですね


33



好評でした
でも2度とやりたくありません

終わってから、ど~と疲れましたよ


でもみんなの「美味しかった」の言葉が
嬉しいです









 


DSC_0234



今月(2018年7月号)のBE-PALの付録が

CHUMUS(チャムス)の鋳鉄製スキレットです。

これ人気で、ネット上を賑わしています
売り切れの所も多いし、
何冊も買う人もいますね

BE-PALは、好みじゃないので読まないのですが
CHUMUSなので、買いましたよ

DSC_0229


BE-PALって雑誌のサイズが一回り小さくなってたのですね
そこにスキレットが付録なので
ボリュームがあります

DSC_0233


直径が8cm
本当に小さなスキレットです

マスコットのブービーバードがいますね
焼きマークが楽しみです

DSC_0271


スキレットですので最初に洗います

DSC_0272


そして野菜を炒めて、鉄の臭みをとりますね
もちろん、油処理します


DSC_0281


それではホットケーキ焼いてみよう
ネット上ではほとんどが
「小さなスキレット」に焦点をあてていて
チャムスについては、スルーです!

チャムラーとしては
カツオドリを綺麗に焼いて
チャムラー魂を見せつけねば!





DSC_0295


小さいので焼き加減がむずい

DSC_0300


綺麗に焼けました
当然のことながら反転するので
チャムスの絵柄もゴロも逆です


DSC_0302



盛り付け過ぎ~~~~!

小さくても美味しかった





 

DSC_0096


和歌山県の串本町にある潮岬
本州の最南端に位置します

そこに広大な芝生の潮岬キャンプ場があります
繁忙期を除いて、無料のキャンプ場として有名でしたが
最近、システムが変更しましたね


DSC_0107


通常時でも芝生でキャンプできたのですが禁止です

代わりに、小さな三角地の公園がキャンプOKです

DSC_0196


GWと夏季、秋の連休にだけ芝生を開放して
一人600円でキャンプは出来ます
この時は無料の三角地ではキャンプ禁止です

それ以外の時期は、芝生でのキャンプは禁止で
その代わりに三角地が無料でキャンプOKです

写真ではデイキャンプ場と記載してますが
宿泊はOKです
役場に確認したところ
受付も無いので勝手にキャンプしてくださいとのこと!


DSC_0123


高いところから見た写真です
広大な芝生の時期限定の有料サイトと
その左にある松林の三角地が無料のサイトです


DSC_0172


芝生のところはロープで仕切られており
通常時はキャンプ禁止の看板が立ててあります


DSC_0090 (1)



無料の三角地のサイトです
車の乗り入れは不可ですが
隣がすぐに無料の駐車場です

芝生サイトがキャンプ可能なGWや夏季は
すぐに満車になるので
少し遠い場所に臨時駐車場が設けられ
そこからの荷物の搬入となります
無料の台車を貸してもらえますよ


DSC_0151


無料の三角地サイトは
道路と芝生の散歩コースに囲まれているので
落ち着きません。
夜には車の往来は無くなるので静かですが
日中は観光バス等、ひっきりなしに通りますよ

三角地内を散歩はしませんが
真横を通る散歩者が多いですね


DSC_0193


テーブルが備えてあるので使えます

DSC_0145


設備は水場があるだけです
ゴミは持ち帰りです


DSC_0148


トイレは道を渡った少し離れたところに
公衆トイレがあります
水洗で綺麗ですよ


DSC_0111


周辺は潮岬の観光スポットですので
これは展望台

DSC_0118


入場料を払うと、
本州最南端訪問の証明書がもらえます

DSC_0120


昭和な建物ですが
グルメにはこだわっています

DSC_0121


隣はなにか建設中でした

中国人観光客のほうが多いですね


DSC_0149


裏手は住宅街なのですが
すぐ近くにラーメン屋があります
8時半に食べに行くと閉店してました


DSC_0100


車ですぐ先に潮岬灯台があります
ここも観光スポット


DSC_0095


本当に広い芝生です
時期限定の有料サイトです
ここでキャンプをすると
駐車場から遠い、水場から遠い
そしてなによりも強風!

ロケーションは抜群で
星も綺麗に見えるのがメリットです

どう選択をするかですね


DSC_0179


芝生の南端から太平洋が見渡せます

DSC_0184


串本出身者のオーストラリアでの移民の活動なんかを
展示している建物です

DSC_0129



お風呂に行くのでしたら
車で串本町内に戻り
サンゴの湯がお勧め
塩っぱいですけどね


DSC_0096


無料の三角地のサイトは
木々に囲まれているので
強風はずいぶんと防げますよ

DSC_0139


遠くに潮岬を回遊する貨物船を眺めれる
無料の素敵な潮岬キャンプ場です

近くにリゾート大島キャンプ場がありますが
どちらを選択するかは、好みですね

俺は、ここは荷物の搬入が大変なのと
落ち着かないので、
有料でもリゾート大島を選びますね







 

↑このページのトップヘ